青猫の足跡 戸田・彩湖フルマラソン&ウルトラマラソン レポート
第13回戸田・彩湖フルマラソン&ウルトラマラソン



■大会名第13回戸田・彩湖フルマラソン&ウルトラマラソン
■開催日2018年4月14日
■距離フルマラソン:42.195km/ウルトラマラソン:70km
■コースコースマップ
■参加人数フルマラソン:1153人/ウルトラマラソン:954人
■天候曇り
■タイムフルマラソン:4時間19分07秒(ネットタイム:4時間18分37秒)
(写真の人は私ではありません)


フルマラソンに出場するのは1年半ぶりである。
前回は大会は違うが、同じ彩湖でのマラソン。その時は30kmを超えない位から足が痛くなり途中でリタイヤ。
その前は勝田全国マラソンだったが、こちらは完走できたものの途中から同様に足が痛くなり足を引きづりながらゴール。
自己ベストを出すなんて余裕は全くなかった。それどころかフルを走りきれないという状況だった。

今年は再度初心に帰り、記録は除外して取り合えず最後まで走りきることを目標に置いていた。
それで年末から30kmを何回か走っていた。

しかし3月に入り、仕事が忙しくなったのと雨とかで走らない日が何日か続いた。で、久々に走ったら、足が重い。また筋肉痛が取れないという状態になった。
30km走った時も、割と行けるな!って思った時もあったので、やはりその時のコンディションとか練習度合いによって全く変わるもんだと思った。

また前日友人と遊びに行ってなんと食べ放題でたらふく食べてしまった。
まあ普通に考えても絶対やってはいけないこと。

足の筋肉痛もとれていないし、今回のマラソンも正直ダメだろうという感覚もあった。
食べた後は当然体も重い。「こりゃ、明日はやっぱ完全にアウトだな。」と思っていた。

ところが家に帰ってから食べ過ぎたせいか腹を壊し、汚い話だが完全に出てしまった。またその夜は何も食べれなかった。

大会当日。前日の夜何も食べていないのと体も軽くなったこともあり、腹が空いて来ていた。まあ丁度いい位かと思った。パンを一つだけ食べていざ出発。

この大会は4年前に初めて参加した。ウルトラマラソン(70km)も行われる大会で、今回は少し早めに来てしまった。
会場に着いた時はまだ、ウルトラマラソンがスタートしていなかった。

丁度開会式を実施していたところだった。

70kmを走るメンバーを観ても本当にこの人走れるの?と思う位年配の方もいたし、ごく普通の主婦の様に見え、失礼だがとても走るような体格でないなあって思われる人もいた。

以前も思ったが、42.195kmだって走り切れるかどうか、って言っている自分と、このおばちゃんの違いはどこだろうと思ってしまう位だった。
筋肉だって僕の方がついている。年だって僕よりも5,6歳は年上だ。

まあ練習の仕方、練習量の違いなんだろう。

会場内にはお店も幾らか展開していた。数は多くはなかったが人だかりもできていた。

いよいよ70kmのスタート。ウルトラは彩湖を15周回る。

よく見ると仮装している人もいた。特に驚いたのは、仮装してしかも下駄という人だった。しかもその下駄、歯が1枚だけだ。 正気か~?って思ってしまった。まあしかし走れると思うからそれで出るんだろうなあって思った。

一斉にスタート。さすが70kmということもあって出だしは皆ゆっくりだ。いきなり独走する人はいなかったように思える。

さていよいよフルマラソンの出番。
お腹の具合は悪くはない。前日下痢したのが不幸中の幸いだった。

ポーチに一応クエン酸の飴を入れておいた。しかしこの大会、エイドが2か所あってしかも飲み物のみならず食べ物も豊富だ。 なので飴もいらない位なのだが、辛い時に舐めていると気がまぎれる。

フルマラソンスタート!フルマラソンは彩湖を9周回る。

「今回は笑顔でゴール、だからゆっくり回る。」と自分に言い聞かせ普段よりも更にゆっくり走り始めた。
元々後ろの方に並んでいたので、抜かれることはあまりないかなと思っていたが、どんどん抜かれていく。
しかし主に抜いていくのは、ウルトラの人達だ。既に自分らよりも長くはしっているのに抜かれるとは、やはり凄いなと思った。

次のページへ